STAFF BLOG

2019.01.13更新

年が明け、診療を開始して1週間が経ちました。

予想はしてましたが、やはりインフルエンザの患者さんがかなり増えています。

昨シーズンと違い、A型のインフルエンザが主流です。

更に特徴としては、今回のインフルエンザは、比較的早い段階での確定診断がついている点です。

迅速検査キットは昨年同様の会社の物を用いておりますが、症状が出て進み始めた同日でも、陽性を示し、早期診断により、インフルエンザの治療が通常より早く開始できる印象があります。その分、回復も早く、会社への復帰が、早いということになります。

これまででは(通常では)、始めの症状が出始め、2日ほどして発熱があり、発熱後6~8時間経過したのちに検査という流れであったのに比べれば、格段に速く終息にこぎつけるということになります。また早期発見は、社内拡散予防にもつながります。

とはいえ、やはり早すぎるとインフルエンザにかかっていても、検査で陽性と示さず、半日以降後に再検査ということも十分あり得ますので、その際には医師の説明をよく聞き、指示に従うようにしていただければと思います。

治療としては、昨年3月に登場した新薬のゾフルーザがニュースなどでも取り上げられてますが、これは、1回2錠または4錠(体重による)のみの内服で済むというもので、タミフルのように1日2回5日間の内服というより大きく服用回数が少ないです。内服後の症状の推移はタミフルとほぼ変わりませんが、値段はゾフルーザがタミフルに比べ、2倍から4倍高いものです。ゾフルーザの懸念は細菌の報告で、耐性(ゾフルーザを内服しても効かない)がやや多いということでしょう。

これも医師の説明をよく聞いたうえで選択してください。

まだまだ、流行は始まったばかりですので、しっかり予防をするようにしてください!

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2019.01.02更新

東京の新年は、晴天で穏やかなスタートを迎えられました。

この正月は、もっぱらテレビでスポーツ観戦を楽しみ、人込みを避け過ごしております。元旦の高校ラグビーでは母校が素晴らしいプレーを見せてくれ、力をもらいました。6年ぶりのベスト8は逃しました。来年以降もきっと継続して力を出せるものと確信しました。箱根駅伝では、2区の塩尻選手(順大)の力走もお見事でした。

さて、クリスマスを境に、インフルエンザの患者さんが急増している印象があります。年末年始で多くの人が移動し、接する機会が増える中、一気に蔓延するのではと心配しております。予防接種を受けていても、抗体ができるのは平均6割程度ともいわれており、疲労や睡眠不足、長い時間の冷えの環境など、免疫力を落とす状態では、容易にインフルエンザを罹患すると考えらえます。予防としては、うがい手洗いだけでなく、まめに水分摂取をすることをお勧めします。これは、水分摂取目的というより、飲み物で、口腔内や咽頭部に付着するウイルスを上気道に根付かせず、胃に追いやる目的となります。

このインフルエンザシーズンの診療につきましては、院内拡散を予防するため疑いのある患者さんは通常の受診患者さんと待合を分けたり、検査を先行して行う場合があります。また、定期的に受診なさっている患者さんとの診察順番を変える場合もあるためご理解、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.09.29更新

なかなかインフルエンザ予防接種用のワクチンの情報が入らず、案内すらできない状態が続いておりました。昨年のこともあり、ワクチン不足などがないか心配しておりましたが、やっと入荷の情報が入り、手元に届いたことを受け、接種開始のご案内をすることができました。実施開始は、10月2日(火曜日)からとしましす。事前の予約期間が設けられないという状況となってしまいましたが、予約は随時受ける予定です。

既に、都内では一部地域でインフルエンザによる学級閉鎖や診療所での感染者報告などがあるようです。海外渡航者の持ち帰りや海外からの旅行者の持ち込みもあるかと思います。いずれにしても、早くも疑わしくは検査を考えるようにしなければならないということです。

例年であれば、11月中旬ごろに接種を勧めるところですが、昨年の年末からのB型インフルエンザの流行や現状のスポット的流行を考えると、いつの接種が望ましいとも言い切れず、現場としては、接種者の意向に合わせて、っとなるのでしょう。

クリニックでは、予防接種希望者とインフルエンザ罹患者が隣り合わせとならないように、注意を払いながら診療をしていきたいと思います。

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.09.15更新

このところ、30代女性の全身温熱療法(HAT)が続いていますが、そこで経験したのが、その温度の上がり方が速いこと。

5分間での体温の上がる速度(昇温速度)が、0.3℃を超えてくると、体温の上がり方としては、よい状態と考えますが、それが、なんと0.4℃/5分を超えてくる!!

治療開始から、そのようなことは起こりませんが、加速がついてくると、徐々に体温の上がり方に加速がつきます。早く体温が上がってくると、その分早く目標温度に到達します。回を重ねることで、どのタイミングで体温が上がり始めるかと、どのぐらいの昇温速度になるのかということが、この治療を受けられる方の、体質の変化であるとか、成果の評価などにもつながります。

始めは、体温が上がりにくい方でも、回を重ねて、治療開始5分で上がり始めるようになれば、代謝や血行循環が明らかに改善してきていることを示します。また、昇温速度が伸びてくるという場合では、血流速度の改善もその要因と考えられます。もちろん、その時の体調やコンディションによって、体温の上がり始めの時間や昇温速度にムラは出てしまいますが、それは運動にも似ているかもしれません。逆に体調のバロメーターにもなるとも言えます。

先日、HATを行った方が、治療を通して、「体のことを知れたし、もっと知りたいということを実感できた」と仰ってました。体温の変化から、何が起きているんだろうと興味を持つことは、健康を意識するうえで重要なことだと思います。

ちなみに、昨日HATを行った女性は、最高昇温速度0.51℃/5分を記録しました。これまで、おおよそ2500回以上見てきましたが、こんな数字は見たことがありませんでした。以前行ったU-23日本代表のJリーガーをはるかに上回る速さでした。

これからも、みんなの元気に役立てたいと思います!

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.09.05更新

今年は風疹が流行り始めているとのこと。

麻疹の時もそうでしたが、ワクチン接種を希望する人が増えるのかなっと。

騒がれると、心理的にもワクチン接種をしなければと逸るわけですが、すでに抗体がついている方も少なくないので、まずは検査で、抗体検査を行う事をお勧めします。

特に、妊活を考えておられる方は、大流行する前に検査をお勧めします。

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.08.31更新

先日、30代女性の全身温熱療法(HAT)を行った時の話ですが、その方は5回目の実施で、肌のつやのことや化粧のノリのことなど、毎回いろいろなことを伝えてくれるのですが、昨日はなんと、「痔がよくなったんです~!」っと。

痔が、、、

確かに女性は便秘傾向が男性より強く、その原因は様々で、腸が長いからなどいろいろですが、ホルモンによる影響は少なからずあると考えれます。

実際、月経周期による差を感じる方もおれるのではないでしょうか?

その方も、排卵後、生理までは特に便秘になりやすいと訴えており、黄体ホルモンの影響もあるものと考えれれます。

ホルモンバランスの改善と、痔の改善を結びつけるのは少々飛躍しすぎとして、冷え性の改善や血行の改善は、静脈血のうっ滞によって悪化する痔にとっては、症状改善に十分説明のつく効果なのだと思いました。

効果として、温熱療法が痔にも効くと謳ってよいかは別として、血行改善の効果の一つにはなるのでしょう。

また、以前経験したことが、夏でも家の中で裸足のままでは冷えて過ごせず、靴下をはくという女性がおりました。汗かきに自分には到底理解できませんでしたが、、、

この女性が、全身温熱療法を行ってほどなく、「汗をかけるよになりました!」そして、夏だった当時に、「素足でも過ごせます!」と嬉しそうに伝えてくれました。

患者さんからの訴えや報告は、ものすごい量の経験値として、次なる患者さんへのメッセージとして活きるものです。

 

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.08.26更新

従来は、がん治療の代替補完的な役割としての温熱療法が主流でしたが、健常人にも広く活用が期待され、特に最近では、妊活や不妊治療のプレコンセプションに対する治療に役立てられると考えます。

コンセプション(Conception)は受胎、つまりおなかの中に新しい命をさずかることをいいます。

最近では、将来の妊娠を考えながら女性やカップルが自分たちの生活や健康に向き合うこと、「プレコンセプションケア(Preconception care)」の重要性が問われています。

プレコンセプションケアの女性への役割の一つとして、循環・代謝の改善があります。

以前に比べて、女性の冷えが増加したり、基礎体温が35度台と体温が低い女性も増加しています。体の冷えは代謝や循環の低下、ホルモン周期に影響を及ぼし、体調不良を自覚する女性は多く、様々な健康障害を招きます。また、循環・代謝不良は妊孕性にも影響を与えることが示唆されています。不妊症の原因のひとつである「黄体機能不全」は、循環・代謝の改善で子宮内膜を増殖させることで、問題の解決になることが期待されます。

さらに、労働省の統計では、出生時体重が年々低下しており、循環不良による子宮への血流不足から、胎内での発育が不十分となることが考えられます。低出生体重児で生まれた子供は、若年性の代謝異常や心血管イベントのリスク増加とも関連があると言われています。このことからも、代謝・循環を良好に保つ事は重要です。

当院で行う温水を用いた全身温熱療法(以下HAT)は、局所の温熱療法に比べ、より効率よく劇的に血液循環量を増加させ、代謝改善が見込めます。そのため、冷え性に悩む女性だけでなく、これから妊娠や出産を考える女性にも、「妊娠できる体つくり(妊孕性)」に役立てることが期待されます。

また、男性に対しても重要な役割を果たすものと考えられます。体力増進を目的に、HATを繰り返すことで精子の数を増やし、精子の運動率を上げることも妊娠には不可欠となります。

プレコンセプションケアとして、HATを併用し短期間で体質改善を行い、栄養管理や運動など日々の生活習慣の改善を図ることが、女性にとっても男性にとっても重要と考えられます。

妊活や不妊治療のプレコンセプションケアだけにとどまらず、多くの女性の抱える血行障害や代謝低下、ホルモンバランスの乱れ、自律神経失調症など、更年期障害を含めた症状に対する改善が期待できますが、これは今後ご紹介していきたいと思います。

より多くの女性の健康支援のためにHATを役立てたいと考え、治療費の改定を行いました。療法に対する療法説明(無料)も適宜行いますので、気軽にご相談ください。

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.08.23更新

日々の外来で、しばしば出くわす患者様の中に、健診結果での肝機能障害の指摘や、

たまたま別の目的で採血を行って偶発的に肝機能障害が見つかった際に、

よく問診をしていくと、AGA治療薬を内服しているという場面があります。

 

当院でも、AGA治療薬として、院内にプロペシアの後発品(フェナステリド錠1mg「ファイザー」)ザガーロを取り扱っております。

 

当院で処方している方にはお話ししているのですが、この系統の内服薬は、肝機能障害を引き起こすことが少なくない印象があるので、

できる限り内服開始前に採血にて肝機能検査を行い、問題のないことを確認したうえで、飲み始めて、1か月後、3か月後ぐらいは肝機能が問題ないことを確認することをお勧めしています。

どこかで買いだめしてしまい、肝機能障害が見つかり、買いこんだ箱を無駄にするとかえって高くつきます。汗

しっかりと肝機能障害などの副作用を認識して、上手に治療を進めてください。

すでに内服している方でも、肝機能を定期的にチェエクうしてもらうようにしましょう!

 

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.08.22更新

皆さまこんにちはni

アメブロでスタッフからの情報発信を行っており、新たに院長からの情報発信も行うべく、新コーナーを設けました!

分かりやすい情報発信や、新しい情報を根拠に基づいて発信できるよう努めますのでよろしくお願いします!!

トムより

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2018.08.03更新

日々暑い日が続いており、猛暑ではなく、「酷暑」と言われ、
全国各地で最高気温を更新しているようですが、
皆さまいかがお凌ぎでしょうかni

 

この様な気候ですが、お陰様で当院も涼を得ながら、
元気に診療をさせて頂いております note2nico

 

酷暑の折、夏バテなどなさいませんよう、お祈りいたしております。

六本木HATクリニックより、日頃の感謝をこめて。

 

平成30年8月3日 盛夏

 

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

前へ