STAFF BLOG

2020.07.27更新

例年なら、梅雨明けして、セミの鳴き声と真夏の日差しが照り付けるころ、そして本来であるならば、オリンピックで都内は賑わい、テレビでも連日オリンピックのメダルラッシュを伝えているはず。

しかし、新型コロナウイルス感染のせいで、夏の高気圧すら来るのをためらっているかのうような状態。

そのような湿った毎日が続く中、前回膀胱癌に対する全身温熱療法(HAT)の成果に続き、今回は肝細胞癌に対する自家がんワクチン療法の紹介です。この患者さんは、肝炎ウイルスによる肝炎から肝細胞癌を発症し、その後肺転移、そして仙骨への転移もあり、当院にて自家がんワクチンによる免疫療法を行うことになりました。これまでの治療は、総合病院にて肝細胞癌に対する手術、またその後の肺転移に対する手術をそれぞれ行い、その後化学療法も行ってましたが、副作用もあり化学療法は中断し、また仙骨転移に対して、放射線療法を5回仙骨に対して行ったということでした。その間、腫瘍マーカーであるアルファーフェトプロテイン(AFT)が、じりじりと上昇し、放射線治療中の採血では1400以上であったものが、その3週間後の放射線療法後に始めた自家がんワクチンにより500にまで減少したのです。もちろん放射線療法の治療効果もあるものと思いますが、これだけ早い段階での成果に患者さんも励みになっているようでした。先日2回目の接種も終わり、3回接種で一区切りとなりますが、副反応もほとんどなく、日常生活に支障がないことがこの治療の良い点でもあるかと思います。

この治療は、固形癌の手術後、その癌腫瘍の一部からワクチンを作るという方法で、この不活化した癌細胞の情報を自分の免疫系に覚えさせ、残る癌細胞を攻撃するというイメージのものです。他の免疫療法と違い、何がターゲットとなるかを自分の免疫系に明確に示せるため、特異的であるという点と、副反応、副作用が少ないことも患者さんの負担をとるために有用であると思います。また、治療費も通常の免疫療法の半額程度で、治療は通院で行える、ことなど多くの利点があります。

この治療は、癌腫瘍の検体2グラム以上が必要となるため、手術後であることが条件の一つとなります。したがって、白血病など非固形癌や未手術の症例では適応がありません。どの病院で手術した場合であっても、主治医の先生に癌腫瘍の一部をいただくことで、当院でこの治療を受けることは可能となります。肝細胞癌や脳腫瘍などで多くの実績のある治療ですが、その他の癌に対しても成果が期待できると思います。多くの患者さんに受けていただきたい治療の一つです。

自家がんワクチン接種後2週間

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.07.12更新

60歳代男性の膀胱癌Stage 4、骨盤内リンパ節転移に対して全身温熱療法(*HAT)を開始しました。

これまで、内視鏡手術と化学療法(1クールのみ)、さらに骨盤内リンパ節転移に対して放射線療法を10回行ったということでした。

現在は、緩和ケアによる治療となっておりますが、実際にはサプリメントによる治療のみということでした。

 

来院時は、しばらく続く食欲低下と体重減少、疼痛による歩行困難のために車いすでの生活を強いられた状態でした。

本来であれば、この全身温熱療法(HAT)は、体力を使うため、独歩で来院できる程度の体力のある方に対する治療を原則としていますが、この患者さんの場合は、体力の衰弱ではなく、疼痛による歩行障害ということで、車いすではありましたが治療に進むことにしました。

まずは適応検査で、体の反応をチェックし、治療による効果が期待できそうか、また本人が治療の継続を希望できるかを診ることとしました。当面の治療目的としては、HATによる体力増進、疼痛コントロールと免疫賦活としました。

 

1回目の適応検査の際にとてもいい感触を得ることができました。はじめはまだ体が慣れていないせいか、体温の上りも緩やかであったものが、徐々に加速がつき始め、5分間の体温上昇を示す昇温速度も、途中0.34(℃/5分)までとなりました。これはかなりいいペースです。さらに、治療を始める前のリンパ球数は930/μLでかなり低めであったのが、目標温(スター時の直腸温から+2.0℃)到達時には、1500/μLとなり、循環血液量の変化等を補正したリンパ球数でみると、一過性ではありますが、19億6500万個のリンパ球の増加となり、補正後のリンパ球増加率は54.91%でした。このリンパ球の増加率は、2回目は69.22%、本施術に進んだ3回目は、89.85%と、回を増すごとに反応が良い状態となっています。また、この3回目には、治療開始前のリンパ球数がすでに1560/μLと1回目のHATの目標温到達時のリンパ球数を上回っていたのです。目標温到達時のリンパ球数は一時的な上昇ではありますが、HATを繰り返し行うことで体質が変わり、循環と代謝改善により、容易にリンパ球が増えやすくなる、すなわち免疫賦活状態になりやすい体に変わるということになります。さらに、適応検査開始時の白血球数は、7950と高値であったものが、3回目にはすでに5650となり、炎症を示唆した好中球の増加が、3回目には半数の正常範囲となったことによるものでした。慢性期の炎症に対しても何らかの好反応を示したことになると考えられます。下に示す血液は、右側が目標温に到達した際の血液で、左側の血液が治療前の血液ですが、右の方が真赤な鮮血であるのがわかります。これは、HATにより循環流速の増した血液が動脈からシャントを介して静脈血に循環していることによるもので、静脈血でありながら、酸素分圧が高い、まるで動脈血と同じような血液となっているのです。患者さんだけでなく、これを目の当たりにした当院の新しいスタッフは、「これはすごい!」とかなり驚いておりました。

 

また、この患者さんは、1回目以降食欲が出るようになり、体重も増えたと喜んでいました。これは、腸内環境の改善につながっており、腸内に存在するリンパ球を活発にし血液中に送り込む要因になっているものと考えられます。

その後、昇温速度も回を重ねるごとに早くなり、何より患者さんの意欲が増して、笑顔が増えたことも治療を進めていてよかったと思う点でもあります。

これからも頑張って治療を進めいい成果が出ることを期待したいと思います。

 

*HAT:Hyperthermia Aqua Therapy 温水を用いた全身温熱療法

 

 HAT前後の静脈血採血

 

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.06.08更新

先週より、当院でもロシュ社の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗体検査を扱えるようになりました。

定量検査ということで、専用の機器で読み取りを行うため、精度は上がるものと思われます。

だた、IgG抗体のみという点が、どうしても気になります。

先週だったか、プロ野球読売巨人の坂本選手らが検査でIgG陽性ということで、その後の精査目的で行ったPCR検査が微陽性。こうなると困るのは本人達と球団関係者、またはプロ野球界全体も動揺していた印象もあり、野球ファンへの不安にもつながったのではないでしょうか。

そもそも、なぜIgGだけだったのか。巨人の集団検診の詳細(どこの検査会社だったのかなど)は知りませんが、IgGだけを行った場合、それが陽性の時に、あのような問題が出るといういい例だったのではないかと思います。また、PCR検査も、すでに死んだウイルスのRNAを感知してしまうと陽性(微陽性?)という結果が出てしまうことは以前より指摘されています。だからこそ、IgMを合わせて行う意味があると思います。もしIgMも陽性の場合は、少なくとも数週間以内の感染の可能性があるため、自覚症状がない場合は自己隔離など拡散防止策が必要と考えられ、しかるべきタイミングで再検査を受けるように勧めるようにしてます。

したがって、IgG抗体のみの検査であるロシュ社の検査では、結果によっては説明が不十分となる可能性が高いと考えます。

検査は、結果だけが重要なのではなく、結果から何が言えるかが重要だと考えてます。ですので、結果を郵送で送るようなことはできないし、また、患者さんがどのような背景で検査を受けるかを考慮したうえで、その結果を考察する必要があると思います。感染リスクがかなり低いか、すでにPCR検査が陽性でCOVID-19と診断されているなど、IgG抗体検査のみでよいという人は、ロシュ社の検査でもよいと思います。しかし、IgG陽性を想定していない場合などは、その結果をしっかり説明できる十分な材料はあった方が納得できることもあります。今後、ワクチンが製造され、そのワクチン接種後に抗体がついたかどうかの確認にはIgG抗体検査のみでも十分かもしれません。

当院で行う迅速抗体検査は、より精度を上げるために、全血ではなく遠心分離機を用いて血清より検体を抽出し検査を実施するように改良しました。

 

当院で扱う抗体検査のまとめ(現段階での私見):

ロシュ社の抗体検査;定量検査で精度は高いと考えられるが、検査IgGのみであることと、結果報告まで2~4日程度を要する。IgGが陽性の場合、IgMは不明なため、IgMの追加検査、またはPCR検査(有症状など)が必要な場合もある。

迅速抗体検査;目視での判定のため、精度が機械測定の定量検査よりは劣る可能性がある。当院では全血ではなく遠心分離後血清を検体として検査することで精度を上げる工夫を行っている。IgMとIgGを検査するため、結果の考察がよりしやすくなる。

検査費用は、迅速抗体検査の方がかかるが、ロシュ社の検査費用の設定と合わせて、今後希望者には、迅速検査とロシュ社の検査の併用などの検査費設定も行うことを検討中。

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.06.01更新

先週より、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗体検査を始めました。

この検査は、鼻腔咽頭粘膜のぬぐい等によるPCR検査とは異なり、指先の針刺しによるわずかな採血により検査するものです。定期的な採血検査と併せて行う方やにんにく注射の際に先に採血を行って検査される方もおりました。好奇心や仕事柄調べておきたいという方、あの時の症状が感染だったかを知りたいという方など様々でした。

この時期に、自分の状態を抗体検査で把握することは、安心なのか、引き締めなのか、反応は様々ですが、また来るであろう次の波にどう向かっていくか、備えていくか等の参考になることも多いように思います。仮に,現在発表されている感染者数の10倍が実際の感染者数だとしても、人口の約0.15%で、1,000人検査して1.5人が陽性となる計算です。実際に10倍なのか20倍なのかすらわかりません。だからこそこうした検査はその指標になりうると思います。もちろん、当院で希望されて検査を受ける方は無作為ではないので、一般の疫学調査には利用できませんが、六本木周辺というエリアだったり、「あの時感染したかも」っと心当たりのある人という背景を加味することで、何らかの傾向がみられると医学的には有用なのかと考えます。

まだまだ少数ではありますが、ここまでの検査結果をみると、「やはり日本人は感染しにくいのかも・・・」っとおもいたくなるような印象もあります。

まずは、検査を積み重ねていきたいと思います。

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.05.21更新

世の中、緊急事態宣言以前よりリモートワークが始まった企業も多く、皆さんとの診療の中で問題となるのが、通勤も減り家にいる時間がかなり長くなったことによる運動不足。
通勤が減っただけでなく、ジムも閉館となり、運動量の激減だけでなく、家ではスナック菓子やちょっとした食べ物がすぐ手の届くところにあるなど、体重を増やす条件に事欠かない環境。

多くの患者さんが体重を増やしており、血圧が下がるはずの気候であるにもかかわらず、血圧が下がらなかったり、糖尿病の患者さんもその指標となる数値を上がっている状態。

そうした患者さんには、通勤分の運動量をウォーキングや部屋でできるエクササイズを行うことで補いましょう~!っと説明する毎日。

では、自分はどうなのかと考えると、ジムへ行けなくなり、モチベーションもない中で、やはり体重をしっかり増やしており、自己新記録更新中という情けない状況。

運動は、数週間前にどうしても必要と判断し、購入したチンニングスタンドを用いたトレーニングはちょこちょこしているものの、それだけでは不十分で、だらだらやっても体重も減らず良くないと判断。そこで、自分も患者さんに説明しているように、血圧と体重測定を行い、アプリで測定することにした。患者さんに言うだけでなく、自分も実践。ちなみに血圧は高くないが、生活習慣病が無いかといえば、それはある。

記録を付けつつ、自己評価を客観的に行うようにして、患者さんとともに頑張ろうと思います!

チンニング

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.04.15更新

誰にとっても経験したことのない日々が続いています。

医療崩壊と経済危機は、その対応をどちらかに偏りすぎても、バランスを崩せば修復不能になりうる状態だけに、一人ひとりが、どうするべきかベターな選択を考えながら行動しなければならないと思います(それでも回避できないこともあるかもしれませんが)。

医療崩壊といっても、いくつかの局面に考えられると思われます。

 

1. 新型コロナウイルス指定専門病院の崩壊

重症、軽症それぞれの新型コロナウイルス感染患者が専門医療機関に押し寄せ、十分な治療が行えなくなる状態。イタリアやスペイン、フランス、アメリカのNYなど、重症患者が多く、対応できるだけのマンパワーや人工呼吸器などの機器の不足により、死亡数が増加する、または命の選択を医療現場で行うような危機状態です。

 

2. 新型コロナウイルス感染以外の疾病を診ることができなくなる崩壊

特に最近取り沙汰されている、病院での院内クラスター感染や、感染拡散を危惧し通常の医療を提供できない状況に陥り、もともとの疾病により生命危機的な患者が増加する状態。がんや心疾患の治療をタイムリーに行えない場合や検査・治療の遅れ、また、急性疾患や交通事故などの外傷でも救急外来が機能しなくなれば、患者を診れないという施設が増えることになります。これは、大学病院などの大きな病院だけでなく当クリニックのような診療所レベルまで起こり得ます。

 

3. 病院、診療所の経営破綻による崩壊

新型コロナウイルス感染リスクを考えると、どうしても病院や診療所での受診を避けたいという方が非常に増えます。そうなると、当然、医療機関の収益は大幅に減ります。これは会社や他の事業者と全く変わません。しかしながら、我々医療従事者は、リスクをできる限り回避しながらも、正しいプロトコールもないまま工夫をしながら診療を続けています。院内クラスターということで、外来の一時的な閉鎖や通常医療業務を中断した場合、経営的にはかなりの負担を強いられます。治療に専念する中での葛藤と、治療を十分に提供していかなければならない運営(経営)の葛藤。経営破綻すれば、医療を提供できなくなるという危機の問題は根深く、国や行政が対応を間違うと、後々まで尾を引く問題となる可能性があると思います。

 

当院のような診療所は、指定専門医療機関ではないため、そうした医療機関で医療に従事している方々の援護射撃をどのようにできるか考え、我々が対応できる情報提供や対症療法などの医療提供を患者さんにすることが重要なのではと考えています。電話やLINEを応用した診療機会を増やすことで、患者さんの「いつももらっている薬はどうしようか」や「かぜ症状で病院に行きたいがどうしたらよいのだろ」などの不安に対して対応できるように心がけています。もちろん不慣れで手際よくできない部分もあり、あれこれ反省点も残しながら、次に活かせるように努めております。

 

また、がん治療などでコロナウイルス感染の心配もあり、なかなか積極的な治療に進めない場合、免疫力を高め予防や次なる治療までの待機をしたいところかと思います。足浴や半身浴、熱くないお湯に少し長めに浸かるなど、身近に汗をかく方法もあり、代謝や循環の改善につながり、免疫力アップにもつながります。当院では、ニンニク注射などのビタミン注射やサプリメントのセラクルミンは健康増進と免疫力アップ、輸入の医薬品ですがアセトケアなどはがん治療として、それぞれ扱いがあるのでご相談ください。

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.03.04更新

毎日のように報道される新型コロナウイルスの話題。

テレビの情報は、「どこどこで何人新たな患者が見つかった」、「〇人亡くなった」などの情報が多く、小中高で休校の話題も含め、不安を煽る内容が多い。このままでは景気悪化でとどまらず、破綻、失業など取り返しがつかないことになる可能性が高いと思う。。。

そんな状況で、「このウイルスは、感染力は強いが、基本的には健常人であれば過度の心配は不要!」などという記事や発言はまだまだ少ない。まだ医学的な情報収集中であることが要因であろうが、それでも文献上では症状の推移を含めた統計が出始めている。しかし、症状が軽い患者や不顕性の感染者がどれほどいるのかが把握できていないことで、重症率や死亡率も変わってしまい、敵がどれほどの脅威の物なのかが分からないということが問題なのだと思う。

暖かい国でも感染者の報告はあるが、寒いエリアで感染し、温かいエリアに移って発症すれば、そのエリアの患者となってしまう。実際は、感染した患者からどれほどヒトーヒト感染して、広がりを見せるのかが重要だと思う。そこでも、寒いエリアと同じ広がりであるならば、このウイルスは冬夏関係なく流行させる力を有するウイルスと言えるのかもしれない。

とにかく、データを分析して、敵の情報把握が重要で、その上で対応していくしかない。現時点での対応は、内側からは免疫力を高め、外側ではうがいや手洗いで防御し、ウイルスを跳ね返すように努めること。また、風邪症状もその時点で早めに対処し、悪化させないようにすることも重要なのではと思う。

免疫力を上げるためには、適度な運動や十分な栄養と睡眠はもちろんのこと、体を温めるなどで循環や代謝を良くすることが重要。また、サプリメントも役立つと考えられる。その意味では、にんにく注射やグルタチオンなどの抗酸化作用があり免疫力を上げる成分もよいと考える。

まだあまり役立つ情報もないが、皆さんの健康自衛に役立てるようにしていきたいと思う。

 

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.01.27更新

今シーズンは記録的な暖冬!低温乾燥を好むインフルエンザもこの環境では少し大人しい印象があります。

とはいえ、これから寒さ本番の2月は、流石にインフルエンザもはやるかもしれません。

そんな中、インフルエンザ以外に気になるのが、もう少しするとやってくる花粉症シーズンです。

暖冬の影響よりも夏の暑さとの関連がよく言われます。昨年の7月は冷夏で8月が異常な猛暑ということで、どちらの気温を優先するかは難しい印象ですが、今年のスギ花粉の飛散開始が、関東南部は2月始めからを予想しているようです。

また、関東南部は飛散量が少なめと、花粉症患者さんにとっては(少しは)良い情報のようです。早めの備えで症状の軽減につながると思いますので、飛散開始情報に合わせてお早目の対応をお勧めいたします。

当院にも花粉症に対する内服薬、点鼻薬、点眼薬など抗アレルギー薬を院内処方としてご用意しております。

長期処方を希望の方は、処方箋にての院外処方となりますのでご了承ください。

嫌な花粉症シーズン、症状を減らして上手に乗りきりましょう!

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2020.01.13更新

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、途中からブログをサボってしまったので、今年はそうならないように気を付けたいと思います。

先週1週間、年末年始休み明けでさぞかしインフルエンザの患者さんが多いのでは身構えておりました。

決して少なくはありませんでしたが、昨シーズンほどではない印象でした。昨シーズンの傾向は、年末より増えはじめ、一気に1月中旬まで患者さんが急増した印象し、その後は急に終息しました。

今シーズンは、昨シーズンより早い段階から患者さんが来られましたが、カーブとしてはなだらかに推移しそうな予感です。暖冬との予想ではありますが、例年通り2月がピークとなるのではと思われますので、昨シーズンより長めの予防期間と拡散防止対策が必要だと考えております。

備えと早めの対応で体調を整えいいスタートを切りましょう。

P.S 僕の先週の一週間は、海外に行っていないにも関わらず、連休中の夜更かしがたたり時差ボケ状態でした。(笑)

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

2019.07.29更新

4月よりビタミン点滴をはじめ、利用される方が増えてきましたが、更に7月より新たなメニューを加えました。

今週関東も梅雨明けとなり夏本番の暑さが続く毎日、みなさんもかなりの汗をかき始めていると思います。

そんな暑い夏に必要なのは、エネルギー源だけでなく、潤いですね。

水分摂取をしているつもりでも、胃腸がバテると吸収力も弱まり、充分な水分が得られません。

そこで、補液量の多い点滴を始めました。それが、エナジーブースター点滴ハイドロデトックス点滴です。

もともとのビタミン点滴にさらにビオチンやグルタチオンを増量し、補液量を増やすことで循環量を増やし、効果を体の隅々まで行き渡らせることが期待できます。

クリニック内では少し前にこの点滴の掲示をしており、既に何人かの方が受けておりますが、適応がある方には効果てき面のようです!

適応としては、これまでビタミン注射やビタミン点滴のような疲労回復、美容目的などの他に、脱水気味や熱中症予備軍、暑さによる胃腸障害が続いている方などです。

もちろん、従来通り、美容目的や健康増進、疲労回復にも十分な効果が期待できます。

点滴量が多く、1時間ほどの時間がかかることから、お時間に余裕がある方も条件となるのかもしれません。

また、患者さんの混み具合や診療時間の関係で、来院時に施行できないことも考えられますので、この点滴をご希望の場合は予約をお勧めいたします。

今回のブログは、点滴新メニューのご紹介になりましたが、これは特にこの時期にお勧めなので試してみてください。

http://www.roppongi-hat.com/jihi/

 

投稿者: 六本木HATクリニック 院長 福田智信

前へ